2018年2月21日、俳優で名バイプレーヤーとしてドラマや映画で活躍していた大杉漣さんが急死してしまいました。

本当に、悲しい・・・。その死因は急性心不全だったそうですね。

いきなりの訃報だったので、いまだに信じられないでいる私ですが、

大好きだった俳優さんだっただけに本当に残念でなりません。

現在放送されているドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東

朝ドラで無人島生活したら~」で共演する松重豊さん、遠藤憲一さん、

田口トモロヲさん、光石研さんも大変ショックを受けられております。

だって、大杉漣さんが腹痛を訴えて病院に行くほんの少し前まで、

全員で一緒に夕食を楽しんでいたんですからね。

他の共演者は、まさか数時間後に大杉漣さんを病院で

看取ることになるなんて思いもしなかったでしょうから、

何が起こったのか現実をすぐには受け入れられないのでしょう。

しかし、本当に直前まで全く普段通り元気に過ごしていたのに、

わずか数時間後に亡くなってしまうことってあるんですね。

それだけ、大杉漣さんが発症した急性心不全は怖い病気ということです。

急性心不全とはどんな病気なんでしょうか。

いろいろ調べてみると、心不全は心臓の機能が低下して全身に血液を

送れなくなり、心臓の動きが止まりそうになる状態のことを言うそうです。

そして、急激に心臓が止まりそうになる状態のことを急性心不全と言い、

心筋梗塞や不整脈をはじめ、狭心症、心臓弁膜症、高血圧などが

引き金となって起きてしまうと言われています。

さらに、心不全を発症する前に見られる症状の特徴として、

体中のあらゆる部分に痛みを感じる放置痛が起こることがわかっています。

お腹、背中、腕、足、腰、歯といったいろんな部分に痛みが走り、

これらの症状が心筋梗塞や不整脈になる可能性があるようです。

ひょっとしたら、大杉漣さんが亡くなる前に訴えていた腹痛は、

この放置痛だったんじゃないかとも言われています。

しかし、大杉漣さんが亡くなったなんてまだ本当に信じられません。

北野武監督の「HANA-BI」や「ソナチネ」といった映画での

大杉漣さんの演技はとても素晴らしかったです。

また、バラエティー番組ぐるナイの「ゴチになります!」では、

お茶目な一面も見ることができて大好きでした。

もう二度と名バイプレーヤー・大杉漣さんの演技は見れませんが、

きっとこれからもみなさんの心に中に記憶として生き続けるでしょう。