詐欺事件で服役している元タレントの羽賀研二受刑者が強制執行妨害などの疑いで1月18日に沖縄県警逮捕され容疑者になりました。

羽賀研二容疑者は、2007年に実態のない会社の未公開株を知人の男性社長に、「三倍になる」「元本は保証する」など言ってう売りつけ投資をさせ、およそ3億7,000万円をだまし取った詐欺などの容疑で逮捕され、懲役6年の実刑判決を受け現在服役中です。

そして、今回の再逮捕の容疑についてですが、羽賀容疑者は2016年10月に当時の被害者から民事で訴えれれて、裁判所から約3億9000万円の賠償命令が下りていました。

ところが、その2か月後、羽賀容疑者は所有していた沖縄の多くの不動産の差し押さえを逃れるために、当時結婚をしていた15歳年下の妻と離婚をして妻に財産を分与しています。

これが、被害者への賠償を逃れるため、妻に財産分与したように装った疑いがあるとして、警察は強制執行妨害などの疑いで逮捕しました。

羽賀研二容疑者は、現在、生まれ故郷の沖縄刑務所に服役しており、今年の春には刑期満了で釈放される予定だったそうです。

今後は、逮捕されたので、留置所が拘置所に身柄を移され取り調べが行われるそうです。